az-fishing-style

日々是好日

正金18センチ牛刀とOEMで作成した筋引き


昨日、以前に正金の刃物を探して欲しいとお願いしてあった金物屋さんから入荷のお知らせがあり、早速引き取りに行った。

「箱無し」「錆有り」と聞いていたので最悪な状態を想像して行ったのですが、意外に綺麗な状態で、牛刀が一丁2000円で筋引きが一丁3000円とのこと、年代物の包丁に価格はあって無いような物。マイナスな発言は一切無しで即買いし持ち帰った。


こちらは正金の牛刀

小ぶりだが何かと使えそうな印象


そしてこちらが関の店からの依頼で、正金が作成した筋引きとの事、寸法や形からまず言われる事に間違いはなさそうだ。


昭和48年3月2日金曜日の新聞

これに包まれていました。


スポンジに中性洗剤を付けて、傷を付けないように洗って乾燥。ま〜綺麗なもんです!


この包丁が売れ残った経緯をお聞きした。

当時、正金から包丁を買っていた問屋さんが、正金の不義理に激怒し、仕入れを止め売るのも止めた結果、デッドストックとして倉庫に眠ることになったそうです。当時はトップメーカーでしたから、横柄な態度や発言があったのかもしれませんね。